彼が「この子と結婚したい!」 と思う女性になる方法

彼が「この子と結婚したい!」
と思う女性になる方法

「こんなこと言ってはなんだけど…
私そこまで、おブスじゃないし、
ファッションもそこそこ頑張っているし、
彼氏もいたりいなかったり…」

「なのに街を見渡すと私よりもおブスな女の子が
子連れで家族幸せそうに歩いたりする……

なんで私は結婚できないの〜〜〜〜!!」

と嘆いている女子の皆さん。

それ、もしかして知らない間に
「私、一人で生きていけるから大丈夫です」
オーラを醸し出しているのかもしれません!

彼氏はできるけどなかなか結婚に繋がらない女性にアドバイスです!

男性は完璧な女性は苦手

女性は男性を見るときに
学歴や年収、
ステータスが高い男性が大好きな人ってとても多いですよね!

なんなら少しでも理想から欠けるところを見つけると
「こいつはダメだわ~」とか言ってしまう人が、まぁ多いこと!

対して男性は、
見るからにステータスが高そうで
「私は何でもできますから!」という女の子よりも、
「自分には不完全なところがたくさんあるので、助けて〜」
って言える女の子のほうが魅力的に感じる
んですよ。

全てを完璧にすることを目指すのではなく、
コンプレックスがあるとか、
欠点があるとか、
自分がパーフェクトではないから助けて欲しいと思えること、
それを素直に出せることが、
愛され女子のポイントになります!

相手の給料よりちょっと下の生活で

気になる人のお給料がだいたいどれくらいかをリサーチしてみてください。
そして、
彼よりもあなたのほうがお給料が高いようであれば、
彼のお給料の7割位で生活することを意識してみて下さい。

たとえば彼は25万円で、
自分が30万円だったら、
10万円位は貯金にまわして、
20万円で生活することに挑戦してみてください。

そうすることで、
今までよりも自分の生活に余裕がなくなるので、
例えば彼がご飯をおごってくれたとき、
感謝の気持ちが今までよりも大きくなるので、
心の底から感謝の気持ちを伝えることができるようになります。

独身のうちはできるだけ豪華な家には住まない

部屋は、その人の収入を象徴している、
一番わかりやすいものです。

彼がもし彼女の家に行って、
自分よりも豪華な家に住んでいたら、
「あ、この子はオレが守らなくても大丈夫だな…」
とすぐに思われてしまいます。

また逆に、
豪華な家を見て寄り付いてくる男は、
転がりこんでくる気満々のダメ男の可能性大です!!

独身のうちはできるだけ自分の我慢できる範囲で、
満足できない状況の家に住んでいたほうがいいんです。

のちのち彼と一緒に住むことになって、
部屋がグレードアップした時に、
思いっきり喜ぶことができるし、

彼も
「自分の力で彼女をいい部屋に住めるようにしてあげた」
という気持ちになれるので、
このまま自分の力で彼女を幸せにしてあげよう、
という意識が大きくなります。

一緒につくりあげることの重要性

人は一度いい環境を味わってしまうと、
レベルを下げるということがなかなか難しい生き物です。

一度豪華な家に住んでしまった人が、
彼にあわせて今までよりもレベルが低い家に住むことになったとしたら、
ラブラブのうちは我慢ができたとしても、
時間がたって2人の関係がマンネリしていくにつれて
「この人のせいでこんな家に住むことになってしまった!!」
と不満が出てきてしまう可能性が。

2人一緒に力をあわせながら上にあがっていく、
そのステップアップを一緒にしていくことが
結婚につながるとても大切なことです。

いかがでしたでしょうか?

男性は頼られることで幸せや生き甲斐を感じます。

そんな男性の特徴をうまく掴んで、
結婚にむけてこっそり裏から彼の意識を誘導していきましょう〜!

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


話し方の学校

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉井奈々がテレビや本、セミナーでお伝えしていないコミュニケーションコラムや恋愛の秘訣、
人間関係が楽になる大人気メルマガ【ななめ〜る】大好評配信中♪

http://nana-yoshii.com/nanamail



※記事の内容を「シェアしてもいいですか?」という
メッセージを沢山いただきます。
もちろん
【シェア大歓迎!】です♪
ブログfacebook、メルマガなど、
どんどんシェアしちゃってください♪
そのままコピペ、スクショ、YouTube貼り付け、
何でもOK♪ とても嬉しいです\(^o^)/

むしろ、この内容を
セミナーなどで使って頂くことも、
大歓迎です♪

お友達にも「ななめーる」ぜひ 紹介してください(*´ω`*)

http://nana-yoshii.com/nanamail

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆